災害被災支援金


災害被災支援金の受付について


「災害被災支援金」を新設しました
 

実はこの献金が取り上げられるようになりましたのは、国内で毎年のように起こる自然災害に対して、教会婦人会連合ができることはないのか、という問いかけからでした。これまで、熊本・大分地震(2016年4月)に際して九州教区や被災教会に支援金をお献げし、現在も東日本大震災義捐募金は継続しています。けれども、地震以外の台風や大雨などによって被災された教会への支援はしていませんでした。そこで、昨年6月に開催された全国教会婦人会連合50周年全国集会の開会礼拝と閉会礼拝で献げられた献金の中から、28万円(※)を「災害被災支援金」とすること。それを一旦常任委員会が預かり、今年1月の第103回中央委員会において皆で話し合い、「災害被災支援金」の規定を次のようにいたしました。

1. 国内において自然災害に見舞われた教区を対象とする。
2. 災害時に対応しやすくするために、献金を積み立てる。

  献金の振込先はゆうちょ銀行口座とする。
3. 支援金額については、被災教区の支援活動情報などから献金額を定める。

  ただし、上限額を5万円とする。
4. この献金額および献金先については、常任委員会に一任する。

どうかこのような趣旨をご理解くださり、祈りの内にお覚えください。そしてご協力くださいますようお願いいたします。なお、常任委員会から支援金を被災されたところに献げる際は、事前に教区の中央委員の方にお知らせし、教会婦人会連合のホームページにアップします。
※その後、献金の追加があり、3月26日(木)現在561,095円となっています。

 

全国教会婦人会連合委員長 横山ゆずり


取扱口座


【ゆうちょ銀行の振替口座】

郵便局備え付けの払込取扱票(青)をお使いください
振替口座    : 00120−7−145800
口座加入者名 :  日本キリスト教団全国教会婦人会連合
通信欄 に「災害被災支援金」と目途を明記してください。

   振り込み時のご利用明細書をもって領収書とさせていただきます。

領収書が必要な場合はご遠慮なく事務局までご連絡ください。

お問い合わせ先 全国教会婦人会連合事務局 Email